2009年03月06日

女の子 生み分け方法 ポイント3

またまた続編。
X染色体で受精すると女の子を産み分ける事ができ、Y染色体で受精すると男の子を産み分ける事ができる。
この為の秘策を今日もお教えしましょう。
皆さん、真剣ですからね。
いやっ、男女産み分けの方法はいくつもあるんです。
思った通りのX染色体、Y染色体で受精させるって方法は。
確率ですよ。この世界確率でしかありませんからね。
今日は、回数ですね。これで行ってみましょう。
■ポイント3 頻繁にやると女の子の産み分けができます。
Yarou染色体が多ければ、男の子が生まれ、X染色体が多ければ、女の子が生まれる。
これがね。実は回数に関係あるんですよ。
男たる者、精子が無尽蔵にあるわけじゃないって事です。実は。
何回やっても同じように出てくるように見えますけどね。
確実に濃度は薄くなってきます。
じゃ、薄くなるとどっちの染色体の割合が多くなってくるか?
それは、X染色体なんです。つまり、女の子の産み分けが出来るわけ。
だからね。女の子を欲しかったら、頻繁にやりましょう。(^o^)
2,3日に1回位ね。それ以下だと、数が少なすぎて受精する確率が低くなってしまうかもしれません。
前回のポイント2では、楽しめませんでしたけど、これはいいでしょ。男性の皆さん。
逆にね。男の子を産み分けようと思ったら、大変ですよ。
1週間に1回とかにして、精子を濃くしないといけませんからね。
でも、1週間ぶりにやるときは、ジャストミートで、うぉぉぉぉーって思いっきりイかせってからやりましょう。
これで、男の子が生まれる確率が高くなります。
ちゃんとイかせてからね。そうじゃないとちぐはぐになってしまいますからね。
タグ:頻繁にやる

スポンサードリンク


posted by 阿部和夫 at 22:55 | Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の子 産み分け方法 ポイント2

今日はまた続編です。
X染色体で受精すると女の子を産み分ける事ができ、Y染色体で受精すると男の子を産み分ける事ができるんです。
これしかありません。
これ!頭に入れてくださいね。それから、前回書きましたが、膣の中が酸性が強ければ、女の子が生まれやすい。
酸性が弱ければ、男の子が生まれやすい。って事。
これも重要。
と言うか、これが超重要なんです。
膣の中の酸性を弱くするか強くするかの方法がいくつかあります。
前回はジャストミートさせなければ、女の子を産み分けられる確立が高いって話をしましたね。
今回は、もう一つ教えましょう。
■ポイント2 早漏は女の子が生まれやすい
実はですね。女性の感じ方によって、膣の中の酸性の度合いが変わるんですよ。
たまに聞くでしょ。女の子が生まれる家庭は女性の方が強いって。
これって迷信じゃないんですね。
膣の酸性と言うのはですね。感じると弱くなるんです。
つまり、感じると、酸性が弱くなるから男の子の産み分けに有利って事です。
逆に感じなければ、酸性が強いですから、女の子の産み分けに有利って事になります。
だからね。女性が感じていないのに、男性が早くイッてしまった場合には、膣の中はまだ酸性が強いですから、
Yarouの染色体は、みんな、やられてしまって、酸性に強いX染色体が生き延びる訳。
逆に、女性がもういいってくらいに感じていると、膣の中はどんどん酸性が弱くなってきますから、
その後に入った精子は、うぉぉぉぉーって元気なYarouの染色体が早く卵子に辿り着き、男の子の産み分けが出来る訳ですね。
だからね。女の子の産み分けをしたかったら、男性は事前によく自分でやっておいて、もう少しってところで、
しゃっとやっちゃいましょう。楽しくないかも知れないけど、これが産み分けってもんです。
その時くらいは我慢してくださいな。

スポンサードリンク


posted by 阿部和夫 at 22:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女の子の産み分け方法 ポイント1

今日は、もうちょっと詳しく書いてみようと思いますね。
と言っても、産み分けの方法は非常に簡単です。基本的には。
X染色体で受精すると女の子を産み分ける事ができ、Y染色体で受精すると男の子を産み分ける事ができるんです。
これしかありません。中国式、バイオリズム式、ブラジル式、食べ物で、いろいろあるけど、
すべてどちらの染色体で受精させるかの方法です。
でね。
どうやって、X染色体、又は、Y染色体を卵子に辿り着かせて、男女産み分けをするのかの方法が、産み分け方って事になります。
覚えやすいようにY染色体の事を野郎(Yarou)の染色体Yと書きますね。
■ポイント1 排卵日にやろう
これは、前回書きました。要するに野郎の染色体Yは泳ぐのが速いので、うぉぉぉぉーって泳いでいって1着って感じになれば良いんです。もう少し、詳しく書くとね。女性の体の中、膣、つまり挿入する部分ですね。ここは、通常は、強い酸性なんです。
何故かと言うと、ばい菌から守らなければならないから。で、野郎の染色体Yと言うのは、この酸性に弱いんです。
そして、排卵日には、この酸性が中性に近くなるんです。うまい具合に出来てますね。
だから、うぉぉぉぉーっって泳いで行って、野郎が出産されるわけ。前回も書いたけど、要するにジャストミートすると男の子が生まれる訳ですね。
で、排卵日からずれるでしょ。そうするとね、野郎の染色体Yは、さ、酸性にやられた〜。アベシって感じにやられちゃう訳。そこで、生き残るのが酸性に強いX染色体!これが泳いで行って女の子が生まれる訳です。
X染色体。Y染色体となんだか高校の生物で習った内容が出てきたけど、難しくはないですよね。
わかったかなー。

スポンサードリンク


posted by 阿部和夫 at 22:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

女の子の産み分け方法

女の子の産み分け方法ってどうやるんだろうって考えてる人。
私が実践した産み分け方法を書きますね。
中国式産み分けと、バイオリズムの産み分けとか、産み分けする為に産婦人科を選ぶとか
まぁ、いろいろありますけどね。
ここで書くことは、非常に簡単です。
そんな難しい事じゃないです。
赤ちゃんを産み分けるんですから、一応やりかたがありますね。
男女産み分けをするには、まずX染色体とY染色体を考えなくてはなりません。
あっ、難しいですか。
簡単簡単。X染色体、Y染色体と言うのは、精子の種類でね。
どっちかが・力強いけど、外敵に弱く、すぐ息絶える。
どっちかが・弱いけど、外敵に強く、息が長い。
これだけ覚えておいてね。
つまり、産み分けをするときには、意図的にこのXかYの染色体で受精させれば良いわけ。
そして、やはり、産み分けするには、排卵日を知る必要があるから、
基礎体温は、計らなければならない。これだけは、面倒だけど付けるしかない。
あとは、タイミングの問題ですね。
先ほどの染色体。どっちがどっちだったか忘れたけど。
力強い方で受精すると男を産み分ける事が出来、弱い方で受精すると女の子を産み分ける事
ができる。
たったそれだけ。
じゃ、どうするか。精子が体内に入ると。力強い方は、うぉーって、卵子に向かって
進んでゆく訳ですね。その時に外敵が沢山いたりね。受精できる様な状態に卵子が
無いと、そこで息絶える訳。受精できない。
ここで、受精できると男を産み分ける事ができるんですけど。
で、後からゆっくりゆっくり来た息が長い染色体で受精すると、女の子を産み分ける事が
出来る訳。
簡単でしょ。覚えやすいし。たったこれだけです。
基本的には。だから、受精し易い日にジャストミートすれば、男に産み分けられるし。
一番受精し易いからちょっと経ってから受精すれば、女の子に産み分けられる訳。
だからさー。自分が思うに、生理不順な人は女の子が生まれ易いんじゃないかな。

スポンサードリンク


posted by 阿部和夫 at 22:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。