2009年03月06日

女の子 産み分け方法 ポイント2

今日はまた続編です。
X染色体で受精すると女の子を産み分ける事ができ、Y染色体で受精すると男の子を産み分ける事ができるんです。
これしかありません。
これ!頭に入れてくださいね。それから、前回書きましたが、膣の中が酸性が強ければ、女の子が生まれやすい。
酸性が弱ければ、男の子が生まれやすい。って事。
これも重要。
と言うか、これが超重要なんです。
膣の中の酸性を弱くするか強くするかの方法がいくつかあります。
前回はジャストミートさせなければ、女の子を産み分けられる確立が高いって話をしましたね。
今回は、もう一つ教えましょう。
■ポイント2 早漏は女の子が生まれやすい
実はですね。女性の感じ方によって、膣の中の酸性の度合いが変わるんですよ。
たまに聞くでしょ。女の子が生まれる家庭は女性の方が強いって。
これって迷信じゃないんですね。
膣の酸性と言うのはですね。感じると弱くなるんです。
つまり、感じると、酸性が弱くなるから男の子の産み分けに有利って事です。
逆に感じなければ、酸性が強いですから、女の子の産み分けに有利って事になります。
だからね。女性が感じていないのに、男性が早くイッてしまった場合には、膣の中はまだ酸性が強いですから、
Yarouの染色体は、みんな、やられてしまって、酸性に強いX染色体が生き延びる訳。
逆に、女性がもういいってくらいに感じていると、膣の中はどんどん酸性が弱くなってきますから、
その後に入った精子は、うぉぉぉぉーって元気なYarouの染色体が早く卵子に辿り着き、男の子の産み分けが出来る訳ですね。
だからね。女の子の産み分けをしたかったら、男性は事前によく自分でやっておいて、もう少しってところで、
しゃっとやっちゃいましょう。楽しくないかも知れないけど、これが産み分けってもんです。
その時くらいは我慢してくださいな。

スポンサードリンク


posted by 阿部和夫 at 22:53 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。