2009年03月06日

女の子の産み分け方法 ポイント1

今日は、もうちょっと詳しく書いてみようと思いますね。
と言っても、産み分けの方法は非常に簡単です。基本的には。
X染色体で受精すると女の子を産み分ける事ができ、Y染色体で受精すると男の子を産み分ける事ができるんです。
これしかありません。中国式、バイオリズム式、ブラジル式、食べ物で、いろいろあるけど、
すべてどちらの染色体で受精させるかの方法です。
でね。
どうやって、X染色体、又は、Y染色体を卵子に辿り着かせて、男女産み分けをするのかの方法が、産み分け方って事になります。
覚えやすいようにY染色体の事を野郎(Yarou)の染色体Yと書きますね。
■ポイント1 排卵日にやろう
これは、前回書きました。要するに野郎の染色体Yは泳ぐのが速いので、うぉぉぉぉーって泳いでいって1着って感じになれば良いんです。もう少し、詳しく書くとね。女性の体の中、膣、つまり挿入する部分ですね。ここは、通常は、強い酸性なんです。
何故かと言うと、ばい菌から守らなければならないから。で、野郎の染色体Yと言うのは、この酸性に弱いんです。
そして、排卵日には、この酸性が中性に近くなるんです。うまい具合に出来てますね。
だから、うぉぉぉぉーっって泳いで行って、野郎が出産されるわけ。前回も書いたけど、要するにジャストミートすると男の子が生まれる訳ですね。
で、排卵日からずれるでしょ。そうするとね、野郎の染色体Yは、さ、酸性にやられた〜。アベシって感じにやられちゃう訳。そこで、生き残るのが酸性に強いX染色体!これが泳いで行って女の子が生まれる訳です。
X染色体。Y染色体となんだか高校の生物で習った内容が出てきたけど、難しくはないですよね。
わかったかなー。

スポンサードリンク


posted by 阿部和夫 at 22:51 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。