2008年08月25日

女の子の産み分け方法

女の子の産み分け方法ってどうやるんだろうって考えてる人。
私が実践した産み分け方法を書きますね。
中国式産み分けと、バイオリズムの産み分けとか、産み分けする為に産婦人科を選ぶとか
まぁ、いろいろありますけどね。
ここで書くことは、非常に簡単です。
そんな難しい事じゃないです。
赤ちゃんを産み分けるんですから、一応やりかたがありますね。
男女産み分けをするには、まずX染色体とY染色体を考えなくてはなりません。
あっ、難しいですか。
簡単簡単。X染色体、Y染色体と言うのは、精子の種類でね。
どっちかが・力強いけど、外敵に弱く、すぐ息絶える。
どっちかが・弱いけど、外敵に強く、息が長い。
これだけ覚えておいてね。
つまり、産み分けをするときには、意図的にこのXかYの染色体で受精させれば良いわけ。
そして、やはり、産み分けするには、排卵日を知る必要があるから、
基礎体温は、計らなければならない。これだけは、面倒だけど付けるしかない。
あとは、タイミングの問題ですね。
先ほどの染色体。どっちがどっちだったか忘れたけど。
力強い方で受精すると男を産み分ける事が出来、弱い方で受精すると女の子を産み分ける事
ができる。
たったそれだけ。
じゃ、どうするか。精子が体内に入ると。力強い方は、うぉーって、卵子に向かって
進んでゆく訳ですね。その時に外敵が沢山いたりね。受精できる様な状態に卵子が
無いと、そこで息絶える訳。受精できない。
ここで、受精できると男を産み分ける事ができるんですけど。
で、後からゆっくりゆっくり来た息が長い染色体で受精すると、女の子を産み分ける事が
出来る訳。
簡単でしょ。覚えやすいし。たったこれだけです。
基本的には。だから、受精し易い日にジャストミートすれば、男に産み分けられるし。
一番受精し易いからちょっと経ってから受精すれば、女の子に産み分けられる訳。
だからさー。自分が思うに、生理不順な人は女の子が生まれ易いんじゃないかな。

スポンサードリンク


posted by 阿部和夫 at 22:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。